社会福祉士国家試験に一発で合格できる勉強法

いくら色んな参考書や問題集を使って勉強しても・・・


いくら通信講座で勉強しても・・・


過去2回社会福祉士試験に落ちた私が


たった、1冊の参考書を使って勉強しただけで

社会福祉士試験に合格できた!


その勉強法を知りたくないですか?


>>>詳細はコチラ<<<

「たった1冊の参考書を使った社会福祉士の受験勉強法」の効果

■「たった1冊の参考書を使った社会福祉士の受験勉強法」の効果とは?

 

 

あなたもそうだと思いますが、
このようなインターネットで販売されている
マニュアルって何かキナ臭いイメージがありますよね。(笑)

 

 

私も最初はキナ臭いイメージがありましたから、
恐らくあなたも私と同じように
思っているのではないでしょうか?

 

 

「本当に値段に見合った価値はあるのか?」

 

「本当にこれで社会福祉士試験に
合格することができるのか?」

 

 

タイトルに「軽々しい」言葉を使い、
しかも通販しかなく、それも高価!

 

 

3拍子そろった、いんちき教材の典型ではないかと、
勘ぐりたくはなりませんでしたか?

 

 

独学で社会福祉士試験に
合格できる勉強法があるなんて、
ありえないと思いませんでしたか?

 

 

ネット販売なので騙されていないか、
かなり心配にはなりませんでしたか?

 

 

安くない値段なので失敗したくない気持ちは、
私もあなたも同じだと思います。

 

 

そこで、販売者の方にこの件に関して
直接メールで問い合わせました。

 

 

その時のメールのやり取りをご紹介しておきますね。

 

 

↓ここから

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

このマニュアルを実践すれば、
本当に社会福祉士試験に合格できるのでしょうか?

 

販売者の方

 

このテキストだけで必ず合格するという保証はできませんが、
このテキストに書かれてあることを、忠実に実行して頂ければ、
合格に今より十分に近づくことができると思っています。

 

 

試験日まで2ヶ月ほどになりましたが、
今からこのマニュアルで勉強しても間に合うのでしょうか?

 

販売者の方

 

このマニュアルは、勉強方法を中心に解説していますので、
お客様が今までどの程度受験勉強を行ってこられたかによって、
変わってきます。

 

目安と致しまして、模擬試験等で70点〜80点以上の
点数を取られているのであれば、十分間に合うと思います。

 

 

参考書のみで過去問や予想問題集などは、
やる必要はないのでしょうか?

 

販売者の方

 

このマニュアルにも書いていますが、過去問題を解きながら、
この1冊の参考書で内容を理解していくという流れを推薦しています。

 

ですので、過去問題は必ず解いて頂くことになります。

 

また、はっきり申しますと、過去問題を解かずに
試験に合格することはきわめて困難かと思います。

 

予想問題集は、過去3年間の重要過去問題を何回も解いて、
十分に理解した上でやっても十分間に合います。

 

まずは過去問題を解くことが、この時期(12月)は最重要課題です。

 

 

使う参考書の指定はあるのでしょうか?

 

販売者の方

 

このマニュアルでは、1冊の参考書を推薦していますので、
最低1冊は指定の参考書を買って頂くことになります。

 

また、できれば過去問題集も同時に買って頂ければ、
スムーズに勉強することができると思います。

 

 

ヤマをはって勉強する方法でしょうか?

 

販売者の方

 

ヤマをはる勉強方法ではございません。

 

至極正当な勉強方法です。

 

また、社会福祉士国家試験は、出題範囲が膨大なため
ヤマをはって当たるような試験ではないと思います。

 

ただ、毎年良く出ている項目は、
しっかり理解する必要がございますので、
その部分をどの順番で勉強していくかを、
このマニュアルでは解説しています。

 

 

ケアマネージャー試験も受けようと思っているのですが、
このマニュアルで勉強するれば合格できるでしょうか?

 

販売者の方

 

ケアマネジャー試験は、社会福祉士国家試験の範囲と
重なる部分もございますが、使用する参考書が違いますので、
必ず合格できるという確約は大変申し訳ございませんができません。

 

ただ、勉強方法そのものは、ケアマネジャー試験、
介護福祉士試験にも通じる部分がございますので、
ケアマネジャー試験でも、このマニュアルの勉強方法や
考え方がお役に立つと思います。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

↑ここまで

 

 

というわけで、効果が全くないということはなさそうです。

 

 

このマニュアルは、学歴や年齢等に関係なく、
全ての方に対応した内容になっています。

 

 

なので、あとはあなたのやる気次第だということです。

 

 

■ネットや一般書籍の内容とどう違うのか?

 

 

確かに何となく良さそうなのはわかった。

 

 

でも、一般書籍と比べると
値段が高すぎはしないでしょうか?

 

 

ひょっとして、あなたは
このように思われたのではないでしょうか?

 

 

実は、私も思いました(笑)

 

 

そこで、さらに突っ込んだ質問を販売者の方にしました。

 

 

その時のメールのやり取りをご紹介しておきますね。

 

 

↓ここから

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

独自の勉強法でネットや本では
調べることができないノウハウでしょうか?

 

販売者の方

 

先ほども述べましたが、至極正当な勉強方法です。

 

ですので、ネット等で探されれば
似たような勉強方法が見つかるかもしれません。

 

ですが、何日もかけてネットや本でノウハウを調べることに
時間を費やすより、実際に効果がでているノウハウを買って頂き、
すぐに実践して頂くことが、はるかに近道ではないかと思います。

 

これは、例えていえば、仕事に車の免許が必要な場合に、
自分で運転方法をネットや書店で見つけ、
自分流でやってみるようなものです。

 

合格しないことはないと思いますが、
場合によってはかなりの時間と労力が必要になります。

 

少々お金はかかりますが、自動車学校に行って
プロのノウハウを聴いて実践した方が、
遙かにはやく確実に免許を取ることができるのではないでしょうか。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

↑ここまで

 

 

確かに本なら値段も安いですし、
社会福祉士の勉強法に関する本もあります。

 

 

しかし、試したことのある方はお分かりでしょうが、
これらの本で紹介されている方法で勉強しても
大半の方が効果を実感できていないのではないでしょうか?

 

 

じゃあ、ネットで調べればいいんじゃない?

 

 

このように思う人もいるでしょう。

 

 

ご存知のようにインターネットが普及したことにより、
「誰でも・自由に」情報を発信できる時代になりました。

 

 

生きていく上で必要な情報で、
インターネットで調べられないことはない
と言ってしまってもいいかも知れません。

 

 

ですので、あなたもこのように思うかも知れません。

 

 

しかし、それが大きな落とし穴になっています。

 

 

確かに、たくさんの情報を簡単に調べることができますし、
インターネット上には「情報」が溢れています。

 

 

ですが、「情報過多」はメリットと共に
致命的な「デメリット」を持っています。

 

 

それは、「どれが正しい情報で、
どれが間違った情報なのかを判断するのは自分
だということです。

 

 

正しい情報だけを抽象していくことは、
よっぽどの専門知識がないとまず不可能です。

 

 

しかも、「専門知識」を勉強して
「正しい情報」だけを集めていくのには、
相当な時間と労力を伴うことは
容易に想像できると思います。

 

 

また、ネットの情報は、
信憑性に欠けるものもあります。

 

 

例えば、DeNAが運営している
いくつかのサイトが
閉鎖されたニュースが話題となりました。

 

 

大手IT企業のDeNAが運営する
キュレーションサイト(まとめサイト)が、
誤った内容の記事や無断転用した記事を掲載して、
全記事が非公開化されました。

 

 

そして、9サイトのサービスが停止されました。

 

 

その結果、DeNAの守安功社長と南場智子会長が、
謝罪するという事態になりました。

 

 


(出典:日本経済新聞社)

 

 

このようにネットの情報は、
いい加減なものがあります。

 

 

そもそも、ネットの情報で
簡単に社会福祉士の試験に合格できるなら、
勉強法で悩んでいる人はいないはずですよね?

 

 

あなたは「効果的な社会福祉士試験の勉強法」を
合理的に手に入れたくないですか?

 

 

そのための最短距離が、
このマニュアルにあると私は確信しています。

 

 

以上で効果についての説明を終ります。

 

 

はい、私も今すぐこのマニュアルで勉強します!

 

 

次回は、このマニュアルの実践費用についてお話しますね。

 

 

続きを読む


国内で有名なサービス