社会福祉士国家試験に一発で合格できる勉強法

いくら色んな参考書や問題集を使って勉強しても・・・


いくら通信講座で勉強しても・・・


過去2回社会福祉士試験に落ちた私が


たった、1冊の参考書を使って勉強しただけで

社会福祉士試験に合格できた!


その勉強法を知りたくないですか?


>>>詳細はコチラ<<<

社会福祉士の給与

社会福祉士の給与は働く場所や
仕事内容で千差万別です。

 

 

しかし、一般的には社会福祉士の給料・年収は、
民間の社会福祉法人の職員、社会福祉士の場合は
国家公務員に準じるので、施設に勤めても常勤職員の場合、
給与水準はほぼ同じになります。

 

 

また、都道府県が設置する社会福祉施設・団体は、
その地域の地方公務員の給与水準に準じています。

 

 

社会福祉士の具体的な年収に関しては、
年収200万円以上400万円未満の人
全体の4割以上であるというデータがあります。

 

 

次いで年収400万円以上600万円未満の人が
全体の3割弱を占めている状態です。

 

 

■20歳代の社会福祉士の年収

 

 

20歳代の社会福祉士の年収に関しては、
年収200万円以上400万円未満が全体の7割以上です。

 

 

よって、この辺りが相場と考えていいでしょう。

 

 

次いで、年収100万円以上200万円未満が
13.1%となっていて、
年収が600万円以上の人は
全体の1%に満たないのが現状です。

 

 

■30歳代の社会福祉士の年収

 

 

30歳代の社会福祉士の年収に関しては、
20歳代と同様に年収200万円以上400万円未満
全体で最も多く50.8%になります。

 

 

次いで、年収400万円以上600万円未満が
29.1%となっていて、
20歳代の社会福祉士よりは、
平均して年収が多くなっています。

 

 

■40歳代の社会福祉士の年収

 

 

40歳代の社会福祉士の年収に関しては、
20歳代・30歳代とは大きく違ってきます。

 

 

年収が400万円以上600万円未満の割合が
最も高く39.6%となっています。

 

 

次いで年収200万円以上400万円未満が
25.1%になります。

 

 

年収600万円以上800万円未満は、
17.8%になります。

 

 

■50歳代の社会福祉士の年収

 

 

50歳代の社会福祉士の年収に関しては、
20歳代・30歳代・40歳代に比べると
ばらつきがあります。

 

 

年収が400万円以上600万円未満の割合が最も高く
24.7%になります。

 

 

次いで年収200万円以上400万円未満が18.9%、
年収800万円以上1000万円未満が11.1%になります。

 

 

1000万円以上の年収がある人も3.7%いて、
年代内での年収の差が大きいことが一つの特徴になります。

 

 

■60歳以上の社会福祉士の年収

 

 

60歳以上の社会福祉士の年収に関しては、
50歳代よりもさらに年収にばらつきがあります。

 

 

年収が200万円以上400万円未満の割合が最も高く
25.2%になります。

 

 

次いで年収100万円以上200万円未満の割合が15.4%、
さらに年収100万円未満が13.2%になります。


国内で有名なサービス