社会福祉士国家試験に一発で合格できる勉強法

いくら色んな参考書や問題集を使って勉強しても・・・


いくら通信講座で勉強しても・・・


過去2回社会福祉士試験に落ちた私が


たった、1冊の参考書を使って勉強しただけで

社会福祉士試験に合格できた!


その勉強法を知りたくないですか?


>>>詳細はコチラ<<<

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士ってどんな仕事をするのでしょうか?

 

 

社会福祉士とは以下のように定義されています。

 

 

『専門的知識及び技術をもって、
身体上もしくは精神上の障害があること。』

 

 

『または環境上の理由により日常生活を営むのに
支障がある者の福祉に関する相談に応じ、
助言、指導、その他の援助を行うことを業とする者。』

 

 

簡単に言えば社会福祉士の仕事は、
日常生活を営むのに支障がある人に対して、
福祉に関する相談に応じたり、
助言やアドバイスなどを行ったりします。

 

 

具体的には、市役所や児童相談所、
福祉事務所・身体障害者や
知的障害者更生相談所などの公的機関で、
児童福祉司や身体障害者福祉司などの
相談援助職員などとして働くこともあります。

 

 

また、生活相談員とか児童指導員、母子指導員などを
社会福祉施設で行うということもするそうです。

 

 

この他、地域ではよく社会福祉協議会というものがあるのを
聞いたりした事ありませんか?

 

 

福祉活動指導員、福祉活動専門員というような立場で
地域の住民に対する福祉サービスの企画をして実施を行ったり、
住民の福祉に関する相談を受けたりということも社会福祉士のお仕事です。

 

 

また、保健医療機関、病院などでは入院費についてや
退院後の生活についてなどの相談を受ける
医療ソーシャルワーカーなどを行ったりもします。

 

 

また、高齢者施設の老人ホームなどでは、
入所受け入れや相談などをしているようです。

 

 

社会福祉士の就職先には次の施設があります。

 

 

・福祉事務所/児童相談書
・社会福祉協議会
・各種児童福祉施設/各種障害者福祉施設
・各種老人福祉施設
・病院
・在宅介護事業所

 

 

社会福祉士資格取得者が働く職場としては、
社会福祉施設等が約4割を占めます。

 

 

以下、社会福祉協議会等、医療機関、行政機関、
独立型社会福祉士事務所等、その他の順となります。

 

 

※平成18年度、日本社会福祉士会調べ


国内で有名なサービス