社会福祉士国家試験に一発で合格できる勉強法

いくら色んな参考書や問題集を使って勉強しても・・・


いくら通信講座で勉強しても・・・


過去2回社会福祉士試験に落ちた私が


たった、1冊の参考書を使って勉強しただけで

社会福祉士試験に合格できた!


その勉強法を知りたくないですか?


>>>詳細はコチラ<<<

社会福祉士の必要性

社会福祉士の必要性や将来性が、
気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

 

社会福祉士の仕事は、「福祉界の総合職」などと
言われているようですね。

 

 

実際のありかたは多種多様で、
何かのスペシャリトという
くくりができない資格でもあります。

 

 

社会福祉士の役割は、患者やその家族に対して
医療行為以外の相談を引き受ける
役割を担っていると言えます。

 

 

社会福祉の需要の拡大や多様化に対応した制度の導入で、
福祉に関する適切な相談援助を行う社会福祉士は
今後ますます社会に必要とされてる人材です。

 

 

社会福祉士の仕事を通して、
色んなことが広がるという意味では、
将来性があるといってもいいのでしょう。

 

 

しかし、社会福祉士という資格は
福祉に携わるような施設、職場で
法的に必須条件として
求められているわけではありません。

 

 

社会福祉士の資格は、国家資格ですが、
医師や弁護士のように「業務独占」の資格でなく、
名称独占」の資格です。

 

 

「名称独占」とは、資格をもたない者が、
「社会福祉士」という名称を
勝手に使用してはならないということです。

 

 

勝手に名乗ることさえしなければ、
社会福祉士や介護福祉士がするような業務は
してもよいということになっています。

 

 

ですので、福祉の仕事につきたいから、
社会福祉士の資格があれば
採用される時にも有利になるとは限りません。

 

 

実際には資格があれば、
尚可といったようなもののようです。

 

 

「資格取得前は採用選考でよく落とされたけど、
資格取得後は良い条件で就職できるようになった。」

 

 

といったケースもあるようです。

 

 

こういったソーシャルワークの仕事はその専門知識、
技術を習得していれば、仕事上、必ず役に立つと思いますので、
持っていても損はしない資格ではないかなと思います。


国内で有名なサービス